読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書をいただいた

イスラエルを訪れたという不思議な友人からおみやげに聖書をいただいた。ヘブライ語英語バージョン。めくってもめくってもヘブライ語はわからない。 とりあえず、昨日のつながりでバベルの塔のくだりを開いてみた。ちっともわからない。 ヒンズー語とかアイ…

バベルの塔/東京都美術館

友人らと連れ立って東京都美術館で「バベルの塔」を見てきた。ブリューゲルの変態っぷり全開で楽しかった。ヒエロニムス・ボスにしろピーテル・ブリューゲルにしろ、どうするとあんな不思議な感覚をもてるのだろうか、とか考えながら眺めていた。 会場の入り…

エリック・カール展/世田谷美術館

出かける用事があったので、世田谷美術館に寄り道して「エリック・カール展」に足を運んでみた。『はらぺこあおむし』の原画を見てみたかった。お天気の週末、予想どおり子連れがたくさんきていて、走り回るやら泣きわめくやら、エリックさんが見たら喜ぶだ…

『アポリエール詩集』『三日間の幸福』

地元の若い知り合いから紹介された課題図書を読んでみた。と、当人はすっかり忘れていたようだけれど、どちらも人に言われなければ読まないタイプの本なのでけっこう楽しんでいた。 アポリエールって、シュールレアリスムという言葉の元祖な人なのか。感性の…

フィレンツェ: ガリレオ博物館

フィレンツェ最終日。ヴェネチアに移動する友人とともにガリレオ博物館に足を運んでみた。各種観測機器や天球儀などの天文関係に加えて、医療や科学技術に関連する展示物が素敵だった。 時間があればラファエロの絵をもう1回眺めてもいいかなと考えていたが…

フィレンツェ: メディチ家な雰囲気

ツーリストパスの時間切れを気にしながら、今日はメディチ家ゆかりの場所をいくつか巡ってみた。 最初に訪れたのはメディチ家礼拝堂というところ。ミケランジェロの痕跡がたくさん遺されている。ステンドグラスのように石を組み合わせた文様がメディチ家の財…

フィレンツェ: ヴェッキオ宮、ピッティ宮など

本日は『インフェルノ』にゆかりのヴェッキオ宮から探検をはじめる。個人的にはダ・ヴィンチの「アンギリアーニの戦い」が隠されているかもしれないという五百人広間の絵画の下で妄想してみたかったというのもある。 そのあと足を運んでみたのがピッティ宮。…

フィレンツェ: ウフィツィ美術館周辺

本日も早起きしてウフィツィ美術館に突撃する。噂には聞いていたけれど、開館時間直後にもかかわらず長蛇の列。ツーリストパスでショートカットできてよかった。 カラバッジョやティツィアーノ、ボッティチェリなど、東京で眺めたことのある作品のいくつかを…

『ビブリア古書堂の事件手帖 7』

ぼんやりしている時間に読んでいたら終わってしまった。馬車の蹄の音がBGMになったときもあってなんかいい気持ちになっていた。って、国が違うけれど。 たまたまシェークスピアを読み直したこともあって、すんなり読み通せた。本編は一段落だけど、スピンオ…

フィレンツェ: ドゥオーモ周辺

フィレンツェ2日目。 本日はフィレンツェの象徴といわれるドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ周辺をふらふらしていた。 ここの攻略はかなり面倒。 私たちはまず美術館の入場などに便利でお得な「フィレンツェカード」というツーリストパスを入手…

フィレンツェ: 到着

毎度おなじみなグループによる馬鹿者たちとの旅行。今回はイタリア、フィレンツェである。 毎度おなじみといっても、今回は友人の一人が先行していて、現地集合という新しい展開。 羽田からパリを経由してイタリアに向かう。 詳しく事情はわからないのだけれ…

『ヴェニスの商人の資本論』

課題図書読了。ちょっと方向が違うとも思いながらも関連図書などにも目を通しておいた。 うーむ。私は経済について何もわかっていないということがよくわかった。苦笑いされそうな素朴な疑問を読書家たちに投げることになりそう。 『ヴェニスの商人』は何回…

ミュシャ展/国立新美術館

友人たちと連れ立って六本木にミュシャを見に行ってみた。 人出は多かったけど、大きな「スラブ叙事詩」のおかげで比較的のんびり眺められた。もっと予習しておけば、その内容や世界観をもっと理解できたなという感じ。個人的には、「Slab 3, 汝の母国語で主…

これぞ暁斎!/ザ・ミュージアム

ちょっと仕事に煮詰まってしまったので、Bunkamuraで暁斎を眺めてみた。落ち着いた色調の暁斎のコレクション、とても素敵だった。 洒落っ気の強い作品もよかったけど、個人的にはカラスがとにかくお気に入り。

平均律クラヴィーア

バッハの平均律クラヴィーアなんかを聴きながら本を読んでいた木曜日の夜。レオンハルトの演奏を選んだのは恩田陸の本を読んでいたからだったりする。夜のバッハもいい感じ。

騎士団長殺し

頭が仕事でいっぱいになっていてだらだら読んでいたのだけど、ようやく読了。 村上春樹の本を読むと相変わらず不思議な感覚に支配される。なんか自分とは乖離した別人格が現れるみたいな感覚かも。 今回も楽しく村上ワールドを楽しんだ。

西国三十三ヶ所:33番札所:華厳寺

大垣から樽見鉄道とバスを利用して1時間ほど。西国三十三ヶ所の最後の札所である華厳寺に着いた。天台宗の立派な古刹。満願叶った人はここでおいづるを身から離して納め、現実に戻るのだとか。 朱印帳を見直すと、1番札所の日付が平成24年4月2日となっている…

西国三十三ヶ所:32番札所:観音正寺

長命寺から車で30分ほどで32番札所の観音正寺に着く。長命寺の石段でやられたので、こちらは少し楽をさせてもらおうと、林道を登って駐車場まで行ったのだけど、そんなに優しいところではなかった。登山道の途中からかなりの距離を山頂まで石段が続く。別の…

西国三十三ヶ所:31番札所:長命寺

長浜からレンタカーで1時間。31番札所の長命寺に着いた。近江八幡とか安土とか信長な妄想渦巻く雰囲気。 このお寺、麓から本堂まで808段の石段がある。ショートカットもあるけど、私はきっちり登ってみた。この季節でよかったけど、降りてきたら汗だく。一息…

西国三十三ヶ所:30番札所:竹生島・宝厳寺

長浜港から船で30分、竹生島・宝厳寺に着いた。連休中なこともあって臨時便が出るほどの盛況ぶり。 宝厳寺と竹生神社がある竹生島。船中の説明を聞いていると、行基の開祖に加えて豊臣との関係が強調されている。長浜といえば豊臣秀吉ゆかりの場所、なるほど…

西国三十三ヶ所:29番札所:松尾寺

28番札所から下道をのんびり走ること1時間30分、29番札所の松尾寺に着く。成相寺もそうなんだけれど、ここも山奥にあって、とても険しい山道を走ることになる。馬頭観音が本尊だそうで、絵馬にJRAの騎手の名前があったりする。連休なこともあり、巡礼ツアー…

西国三十三ヶ所:28番札所:成相寺

三連休を利用して西国三十三ヶ所札所巡りの続き。あれこれ考えた結果、今回はトレイン&レンタカーのコースにする。 精いっぱい早起きして最短時間で来てみたけれど、天の橋立にあるこのお寺はやっぱり遠かった。西舞鶴で車を借りたんだけれど、古い地図に混…

パロディ、二重の声/東京ステーションギャラリー

秋葉原に買い物にきた友人と東京ステーションギャラリーに足を運んでみた。1970年代に流行したというパロディな作品たち。横尾忠則とか赤瀬川原平らの斜に構えた雰囲気が楽しかった。私は買った記憶がないのだけれど、『ビックリハウス』の表紙を見たことが…

花森安治の仕事/世田谷美術館

コーヒーを補充して髪の毛を切るために外に出たので、世田谷美術館まで足を運んで「花森安治の仕事」をのぞいてみた。かなりアナログな雑誌経験がある私にはとても興味深い内容だったりする。自分の仕事は痕跡くらいしか残っていなかったりするので、きちん…

あなたに続く森/POLA Museum Annex

仕事帰りにPOLA Museum Annexに立ち寄ってみた。ガラスなアートがナウシカの地下の研究室のような雰囲気でとても素敵だった。

春日大社展

付け忘れていたので、忘れないうちに土曜日の行動記録。ま、久しぶりの友人に会って、国博の「春日大社展」に行ってみたって感じだけど。 会期半ばだというのに混雑しているのに正直驚いた。別の友人に声をかけたときに「鹿ねぇ」と却下されたんだけれど、ま…

ティツィアーノとヴェネツィア派展

今日の午前中は東京都美術館の『ティツィアーノとヴェネツィア派展』をのぞいてみた。ルネサンス期の絵はなんか好き。学習の効果もあって、少し絵の見方が変わってきたかも。 ティツィアーノの「フローラ」がとにかく素敵でしばらく見とれてしまった。個人的…

オルセーのナビ派展

三菱一号館美術館で始まった「オルセーのナビ派展」をのぞいてみた。 日本美術に影響を受けたというナビ派の絵は色合いがとっても私好みでとにかく素敵。あまり知らなかったのだけれど、モーリス・ドニやピエール・ボナールなどの作品を魅入られていた。 ち…

『厄介な翻訳語』

翻訳家も参加していた飲み会で紹介してもらった本。自然科学、特に生物学を中心に翻訳が難しい言葉を語源や文化的な背景をふまえながら解説している。英語に触れることも多い私、ひとつひとつの言葉を丁寧に確認していかなければと改めて思った。 筆者によれ…

パーカッションとギター、フルート

夕方誘われて大泉学園までライブを聴きに行ってきた。今日はパーカッション、ギター、それからフルートのトリオ。リズムが大好きな私は、パンデイロをずっと聴いていた。といっても、目はずっとギタリストの指輪先を追いかけていたり。 恩田陸を読んだばかり…

『蜜蜂と遠雷』

元上司の感想を聞いて受賞前に入手していた本。とてもおもしろかった。というより、久しぶりに夢中になっていたかもしれない。 恩田陸って私と同世代だったりして、共有しているものがいくつもありそうだと思ったりする。何冊か読んでいるけれど、『夜のピク…

テルミンとギターのデュオを聴いてきた

大泉学園のin Fでテルミンとギターのデュオを聴いてきた。私、このコンビがかなり好き。日本酒でほろ酔いになりながらご機嫌になっていた。 個人的にはトニーニョ・オルタの曲ですごく盛り上がってみたり。もっと勉強しなきゃ。やっぱり私はリズムが好きなん…

『欧文活字』

欧文組版で気になっていたことがあって、参考になるかな、と入手してみた。 古い本の復刻版だったりするんだけど、なるほどねということをいくつか確認できた。この本、そもそも印刷、組版のプロ向けな解説書だったりするけれど。業界筋で有名な本だったみた…

『ドレの旧約聖書』『ドレの新約聖書』

上司の書評でとても気になったので『ドレの旧約聖書』『ドレの新約聖書』を読んでみた。何度かトライしたけどいつも挫折してしまったいたのが聖書だったりする私、今回はドレの絵の助けも借りて読破できた。概要をつかむ程度なのだろうけど、断片的だった知…

(金曜日に聴いた)音楽の記録

忘れないように、金曜日のコンサートの記録。 フルオーケストラもいいけど比較的気軽に室内楽を聴いてみたいものだ、というのがきっかけで読響のアンサンブルシリーズというのを何回か聴いてきた。 今回は、シルヴァン・カンブルラン指揮による小編成オーケ…

Mike Moreno and Jon Cowherd

誘われて新宿Pit Innで音楽を聴いてきた。Mike Morenoのギター、Jon Cowherdのピアノのデュオ。 洗練されていて繊細でかっこいい感じ。というのが休憩時間の感想。ニューヨークな雰囲気なのだ。 おしゃれな雰囲気だよなという私の印象を吹き飛ばしてくれたの…

十二人の死にたい子どもたち

どうぞと手渡されたので読んでみた。 なんとなく想像したとおりの展開だったかな。もう少し設定を作り込んでほしかった気もする。冲方丁の筆の力はさすがです。

Hermeto Pascoal E Grupo

行ってみない? というのがきっかけだったエルメート・パスコアールのライブ。とても素敵で楽しくて可愛らしい演奏だった。 やっぱり私はブラジリアングルーヴが大好き。複雑なリズムを身体で感じながらずっと踊っていた。適当だけどすべて計算されていて私…

クラーナハ

本日の第2試合は国立西洋美術館のクラーナハ。 私のタイプとちょっと異なるが、クラーナハの描く女性はとても素敵。人出もそれなりでのんびり眺めていた。 私的には「正義の寓意」がいちばんお気に入り。とても美しい絵でした。 常設のお気に入りも眺めての…

ラスコー展

点検から車が帰ってきたので、上野までお散歩。第1試合は科博のラスコー展。 人多すぎだし、ゆりちゃんはいないので、ざっと眺める感じ。 子どもの頃、なんか衝撃を受けたラスコー洞窟の実物大にふれられたのはとても楽しかった。 おうちで図録を眺めて復習…

円山応挙、時代を映す仮名のかたち

買い物に出る用事があったので、ちょっと遠回りして根津美術館と出光美術館に寄ってみた。 根津美術館は開館75周年で円山応挙特集。応挙のもつバリエーションを堪能する。草花の写生図がとにかくきれいで見とれてしまった。あとは、雲龍図屏風かしら。雰囲気…

『砂糖の世界史』

面白いよと紹介された本。たいへん面白くて勉強になった。「砂糖」をキーワードにすると世界はこう見えてくるのか。年号を覚えるのが苦手だったし、複雑すぎて世界史って面倒だなぁという学生だったのだけど、こういう本に出合っていたら、アプローチがかな…

マリーアントワネット展

突然仕事が滞り、斬首台に向かうような気分になったので(大げさだ)、六本木に立ち寄って「マリーアントワネット展」をのぞいてみた。あんまり時間がなくて駆け足になっちゃったけど。 散歩したパリの街並みを思い浮かべながら、その栄枯盛衰を眺めた。宮殿…

『精霊の箱』

以前から気になっていた川添さんの『精霊の箱』。チューリングマシンを題材にしたファンタジーである。力作。とても面白かった。チューリングマシンの考え方を理解するにはひとつひとつ丁寧に追跡しなきゃいけない。RSA暗号の鍵のしくみの解説がとても丁寧で…

It's a sony展

TLに流れてきた情報を確かめにソニービルわのぞいてみた。ま、会社の帰りに来ればいいんだけど。 懐かしの名機やら私が欲しくてしかたなかったものなどなど、お宝がいっぱい。 何と言っても懐かしいのがカセットデンスケ。これを抱えて作った番組をまた聴い…

Robert Frank: Book and Films

なかなか来れなかったのだけど、なんとか会期内に間に合った。 とっても素敵。 お目当のシュタイデルもそこそこ堪能した。 欲しかった本はあっという間に品切れとか。 人気ありますね。

奇蹟がくれた数式

予告を見たときから気になっていた数学者ラマヌジャンに関する映画。ケンブリッジのトリニティカレッジを舞台にしたとても素敵なお話だった。数式に関する逸話をもう少し描写してほしかった気もするけど。 私はやっぱりひねくれ者のイギリス人が嫌いじゃない…

ピエール・アレシンスキー展

映画を観ようと渋谷のBunkamuraまで出かけた。時間があったので、「ピエール・アレシンスキー展」をのぞいてみた。 ベルギー現代美術を代表する作家の一人だそうで。混沌としたイメージで最初はよくわからなかったのだけれど、印刷を学んでいたこと、実は仙…

仙崖ワールド

私は仙崖義梵という人に興味をもったらしい。今日は永青文庫の「仙崖ワールド」に足を運んでみた。 人もいる少なめでじっくりゆっくり仙崖の世界に触れられた。 今日は 本来無一物 という言葉が心に残る。 4期に渡るこの展示。また行こうかしら。

瑞巌寺と伊達政宗

三井記念美術館の「瑞巌寺と伊達政宗」をのぞいてみた。見仏である。 瑞巌寺にはずいぶん昔に足を運んだことがあるのだけど、さらっと歩いたようで記憶がかなりあいまい。 伊達政宗という人については教科書とドラマ程度の知識しかないのだけれど、けっこう…