十二人の死にたい子どもたち

どうぞと手渡されたので読んでみた。 なんとなく想像したとおりの展開だったかな。もう少し設定を作り込んでほしかった気もする。冲方丁の筆の力はさすがです。

Hermeto Pascoal E Grupo

行ってみない? というのがきっかけだったエルメート・パスコアールのライブ。とても素敵で楽しくて可愛らしい演奏だった。 やっぱり私はブラジリアングルーヴが大好き。複雑なリズムを身体で感じながらずっと踊っていた。適当だけどすべて計算されていて私…

クラーナハ

本日の第2試合は国立西洋美術館のクラーナハ。 私のタイプとちょっと異なるが、クラーナハの描く女性はとても素敵。人出もそれなりでのんびり眺めていた。 私的には「正義の寓意」がいちばんお気に入り。とても美しい絵でした。 常設のお気に入りも眺めての…

ラスコー展

点検から車が帰ってきたので、上野までお散歩。第1試合は科博のラスコー展。 人多すぎだし、ゆりちゃんはいないので、ざっと眺める感じ。 子どもの頃、なんか衝撃を受けたラスコー洞窟の実物大にふれられたのはとても楽しかった。 おうちで図録を眺めて復習…

円山応挙、時代を映す仮名のかたち

買い物に出る用事があったので、ちょっと遠回りして根津美術館と出光美術館に寄ってみた。 根津美術館は開館75周年で円山応挙特集。応挙のもつバリエーションを堪能する。草花の写生図がとにかくきれいで見とれてしまった。あとは、雲龍図屏風かしら。雰囲気…

『砂糖の世界史』

面白いよと紹介された本。たいへん面白くて勉強になった。「砂糖」をキーワードにすると世界はこう見えてくるのか。年号を覚えるのが苦手だったし、複雑すぎて世界史って面倒だなぁという学生だったのだけど、こういう本に出合っていたら、アプローチがかな…

マリーアントワネット展

突然仕事が滞り、斬首台に向かうような気分になったので(大げさだ)、六本木に立ち寄って「マリーアントワネット展」をのぞいてみた。あんまり時間がなくて駆け足になっちゃったけど。 散歩したパリの街並みを思い浮かべながら、その栄枯盛衰を眺めた。宮殿…

『精霊の箱』

以前から気になっていた川添さんの『精霊の箱』。チューリングマシンを題材にしたファンタジーである。力作。とても面白かった。チューリングマシンの考え方を理解するにはひとつひとつ丁寧に追跡しなきゃいけない。RSA暗号の鍵のしくみの解説がとても丁寧で…

It's a sony展

TLに流れてきた情報を確かめにソニービルわのぞいてみた。ま、会社の帰りに来ればいいんだけど。 懐かしの名機やら私が欲しくてしかたなかったものなどなど、お宝がいっぱい。 何と言っても懐かしいのがカセットデンスケ。これを抱えて作った番組をまた聴い…

Robert Frank: Book and Films

なかなか来れなかったのだけど、なんとか会期内に間に合った。 とっても素敵。 お目当のシュタイデルもそこそこ堪能した。 欲しかった本はあっという間に品切れとか。 人気ありますね。

奇蹟がくれた数式

予告を見たときから気になっていた数学者ラマヌジャンに関する映画。ケンブリッジのトリニティカレッジを舞台にしたとても素敵なお話だった。数式に関する逸話をもう少し描写してほしかった気もするけど。 私はやっぱりひねくれ者のイギリス人が嫌いじゃない…

ピエール・アレシンスキー展

映画を観ようと渋谷のBunkamuraまで出かけた。時間があったので、「ピエール・アレシンスキー展」をのぞいてみた。 ベルギー現代美術を代表する作家の一人だそうで。混沌としたイメージで最初はよくわからなかったのだけれど、印刷を学んでいたこと、実は仙…

仙崖ワールド

私は仙崖義梵という人に興味をもったらしい。今日は永青文庫の「仙崖ワールド」に足を運んでみた。 人もいる少なめでじっくりゆっくり仙崖の世界に触れられた。 今日は 本来無一物 という言葉が心に残る。 4期に渡るこの展示。また行こうかしら。

瑞巌寺と伊達政宗

三井記念美術館の「瑞巌寺と伊達政宗」をのぞいてみた。見仏である。 瑞巌寺にはずいぶん昔に足を運んだことがあるのだけど、さらっと歩いたようで記憶がかなりあいまい。 伊達政宗という人については教科書とドラマ程度の知識しかないのだけれど、けっこう…

大仙崖展

出光博物館の「大仙崖展」ものぞいてみた。 今日はこっちの方がいろいろ感じたかも知れない。ユーモラスな墨絵に加えて、そえられた文言をじっくり読んでいた。 これいいなと思ったのが「自戒」。 不尚豊多 不問尊卑 不論座位 不談公事 不語人短 改めて大事…

ZEN

出かける用事ができたのと、今日は家にじっとしていたくなかったので、東京国立博物館の「禅」に足を運んでみた。 禅概論にはよいコレクションだったかと。 私はといえば、武家諸法度草稿のような文書をのんびり眺めていた。人も少なめでいい勉強になったか…

KIITSU

素敵ですよと教えたもらったので、鈴木其一を眺めてみた。アートフェアで安く入れるというのもあったのだけど。 琳派って詳しくないのだけれど、足を運んでみてよかった。筆致やら顔料の発色を感じながらのんびり眺めていた。 藤とか芍薬とか、其一らの描く…

南アのレシピブック

南ア旅行のお土産にいただいた本。南アの公用語の1つであるAfrikaans版レシピブック。英語版も入手してあるのでわからないところは教えてもらえるらしい。 アフリカーンス語 - Wikipedia 案の定、一見すると何がなんだかわからない。 オランダ語から派生した…

ライブに行った記録

久しぶりにライブを聴きに柏のJAVINまで遠征してみた。ジャズとワインでJAVINですね。なるほど。 本日は、Izauraさんのヴォーカルと木村純さんのデュオ。Bossa Novaのスタンダードを中心にゆったりした雰囲気がよかった。 私はといえば、最後のTravessiaがお…

サルバドール・ダリ

友人たちと国立新美術館にダリの絵を見に行ってきた。 シュールレアリズムの変な絵を描く人という思い込みが強くてちゃんと見たことがなかったのだけれど、自分の勉強不足を思い知るばかりの素敵な展示。 個人的には、ダリの挿絵がとても素敵だった。『不思…

ピーターラビット

渋谷のBunkamuraで「ピーターラビット」展に足を運んでみた。ちょっと混んでいたけれど、かなり堪能できたかと。 ビアトリクス・ポターの原画が素敵。どれもそんなに大きくないけれど、インクと水彩の雰囲気がなんとも可愛らしい。 ポターによる草稿に見られ…

折口信夫と渡来人

國學院大学博物館に足を運んでみた。 お目当は「日本に根付いた渡来人」。学生時代にいろいろ調べていたこと。それなりに頑張って読んでいた続日本後紀などをみてわくわくしてみたり。 ひとりで盛り上がっていたのが、好太王碑の拓本。拓本をめぐる論争がさ…

平安の秘仏

体調いまいちな状態からなかなか抜けられないのだけど、ぼんやりしている気分でもなかったので、雨のなか上野の国立博物館の「平安の秘仏」を観てきた。 甲賀の櫟野寺(らくやじ)の十一面観音坐像を中心に平安時代の仏像が二十体ほど。 櫟野寺というお寺は…

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム

友人に誘われて神奈川県立近代美術館 葉山の「クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム」に足を運んでみた。不思議で不気味なクエイ兄弟の世界観を存分に楽しんだ。 DVDをそのうち貸してくれるそうなので、彼らの映像もじっくり眺められるかと。 舞台美術なども…

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

季節の変わり目に発症する神経痛に負けそうな今日このごろ。ま、慣れたものではあるので、2, 3週間様子をみれば忘れるわけなんだけど、家にいても何もできないので、薬と湿布でごまかして車で出かけてみることにした。 が、東名に乗ったら故障車渋滞がすごい…

映画を観た記録

最近ちょっと疲れ気味なのと、話題に遅れていた「もするので、気分転換に映画を観てきた。話題の2作品のダブルヘッダーにしてみた。どちらも満席状態で事前に席を抑えるという経験もした。 どちらも監督の特徴が出ていてとてもおもしろかった。 私なりになる…

Hello again, Cambridge

縁あってケンブリッジ再訪なのでした。 シネマの目の前。懐かしい。

Hong Kong

乗り継ぎ便待ちの香港。トランジットのゲートを見た瞬間に5月の連休を思い出した。 まだまだ行くよ。

夏休み

一冊手を離して見本待ち。というわけで、夏休みをいただくことにした。 いつもとは違う斬新なメンバーでの出発。といっても、搭乗口まで一人で来ちゃっているけど。 今回のテーマは「パーカー」かな。さて、どんな珍道中になりますやら。

ライブに行った記録

Bossaなライブを聴きに桜木町まで行ってみた。 投げ銭で扉も閉めない半分ストリートみたいなライブ。聴くだけではなく、いっしょに演奏に参加させてもらってかなり楽しかった。 基本的にバーなのだろうけれど、地元一ダメなバーと同じ匂いがするマスターにジ…

「宇宙と芸術」展

今日はお休みにして、雑用をいくつかこなしていた。午前中から動いていたので、午後は森美術館の「宇宙と芸術」展をのぞいてみた(ジブリな行列を横目にみながら)。 曼荼羅から彫刻、コペルニクスやらケプラー、ガリレオの著作の初版本、アポロ11号の交信記…

ライブに行った記録

今日は日暮里のポルトでギターの音色を堪能してきた。格好いい演奏だったな。

村上春樹とイラストレーター

下石神井のちひろ美術館を散歩してきた。 目的は「村上春樹とイラストレーター」。 ハルキストではないけれど、村上春樹をそこそこ読んでいる私。原画をのんびり眺めてみた。 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸。どれもとっても素敵。表紙カバーの印刷と…

クラウドファンディングで入手したアルバム

クラウドファンディングデビューなアルバムが届いた。 感想は改めて。

古代ギリシャ展

割引ありということだったので、「古代ギリシャ展」ものぞいてみた。 小ぶりなものが多いけど、古代ギリシャのお宝がたくさん。金銀財宝の割には人出が少なくて、おっさんにはありがたいかぎり。 私はどうも後回しにする傾向が強くて、ギリシャについてはい…

二つの半跏思惟像

東京国立博物館の「二つの半跏思惟像」を見てみた。 中宮寺の半跏思惟像といえば、見仏好きな私のランキング第2位に位置付けられる仏さまなのだった(第1位は広隆寺の弥勒菩薩菩薩だったりする)。 弥勒菩薩だと認知していたのだけれど、現在では如意輪観音…

ライブに行った記録

今日は祖師谷大蔵のムリウイで音楽を聴いていた。 ギターにパーカッション、それにヴォーカルの組み合わせで、ブラジルとオリジナルな選曲。 ムリウイは相変わらず素敵な空間。あいにくの曇り空だったけど、とても居心地のよいところなのだった。 リズム好き…

ライブに行った記録

忘れないうちに。 昨夜は日暮里のBar Portoで音楽に浸っていたのだった。 ベースの安ヵ川さんとギターの前原さんの組み合わせ。オリジナル中心の選曲だったわけだけど、とにかくカッコいい演奏なのだった。 とりあえず、安ヵ川のピアノトリオなアルバムを入…

ライブ(コンサート)に行った記録

昨日は読響のアンサンブルシリーズというのを聴いてみた。 前衛的な武満徹、バッハのチェンバロ、そしてメンデルスゾーン15歳のときの作品というちょっと少しマニアックな選曲だそうで。 私はバッハのチェンバロ協奏曲がお気に入りだった。 とりあえず記録だ…

ポンペイの壁画

外出したらそのまま帰れない私、六本木に立ち寄って「ポンペイの壁画展」をのぞいてみた。セーラームーンが行列でびっくり。勉強不足な感が否めなかったけれど、古代ローマの豊かさを感じられる壁画をのんびり眺めていた。「踊るマイナス」というのがとても…

表参道散歩 with 姪

オランダのお土産があるよ、というわけで、姪と表参道でランチをした。そして、いつものように本を買いに行く。さて、あと何回行けることやら。思わず笑ってしまったのだけど、姪の口から竹下通りというのが出てきた。なんでもテレビで知った綿菓子が食べた…

庭の植物

ベランダで育てていた植物(ごめん。君の名前を忘れてしまった)。とうとう枯れてしまったなぁとあきらめて枝をすべて落とし、次に何を植えようかなと放置していたのだけれど、新芽が出ていた。すごーい。大きくなりますように。

ルノワール展

渋谷まで出張ってきたという友人から連絡があり、国立新美術館の「ルノワール展」に足を運んでみた。あちこちで言われているように上野のお祭りのおかけでこちらは待ち時間なし。ゆっくり眺められた(混んでいてあれくらいがうれしいところ)。遠目から見る…

『方法序説』

読書会の課題図書。今回はデカルトなのだった。なるほど。とても奥の深い内容で私なりに消化するには少し時間がかかりそう。最近オランダの風景を少し眺めてきたので、あそこで感じたことを少しは反映できるかもしれない。本読みさんたちの議論に少しは参加…

若冲展

友人とともに若冲展をのぞいてみた。尋常ではない人出はよくわかっており、友人の提言に従って午前7時30分に上野集合。事故による遅延により現地集合となったが、かろうじて東京都美術館の入り口が見えるあたりであった。電車が到着するたびに行列が伸びてい…

ベランダのガジュマル

引っ越しのときからベランダにいるガジュマルの場所を変えてみた。ずいぶん大きくなった。

ライブに行った記録

連休最終日はライブに足を運んでみた。最近何度か行っている祖師谷大蔵のムリウイ。最近のマイブームになっているギター、テルミン、オンドマルトノの組み合わせ。今日も楽しかった。

ライブに行った記録

昨夜はBlue Note Tokyoで小野リサのライブを聴いてきた。何枚も持ってるし、ブラジル音楽がけっこう好きなのに、小野リサさんのライブは初めてだったりする。いろいろやってくれたけど、今の私にはイパネマの娘、ジザフィナード、ジンジ、そしてマシュケナダ…

帰国

アムステルダムから2回乗り継ぎで帰国。これまでにない経験ができた旅行でした。とりあえず、部屋の植物たちに水をあげてから一服。

アムステルダム遅延顛末記

今回の弾丸ツアーはドバイ周りのルートを選択したわけだけど、アムステルダムードバイ便の遅延により、帰国の予定が見事に狂っている状況。時間つぶしに遅延の顛末を記してみようかと。私たちが使ったアムステルダムードバイ便はA380という2階建ての巨大な旅…