読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『キャパへの追走』

なんかその気になって積読から取り出して読んでみた。『キャパの十字架』と対になる本。
意識したことがないのだけれど、私は沢木耕太郎の本がとても好きなのだと思う。この本に出てくる風景のいくつかは私も訪れたことがあるところだったりして、その雰囲気がフラッシュバックしたりしていた。
動けるうちに私もあちこち歩いてみたいもの。
f:id:cassini:20160424214441j:image