読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラットの『人工知能』

私的課題図書の1冊を読了。
訳者の水谷さんの後書きにもあるように、楽観論と悲観論に分かれるAIの議論において、この本は後者に属するもの。そうかなぁ、というところもあるのだけれど、かなり説得力のある分析だなと思った。元来、私はテクノロジーに対して楽観的な考え方をするほうだと思うのだけれど。
さて、人工知能研究がさらに進んだとき、そこにゴーストは存在するのか。興味深い。
f:id:cassini:20160408011019j:image