松方コレクション展,モダン・ウーマン/国立西洋美術館

台風が向かってきているけれど家でじっとしているのもなんかもったいない。というわけで、上野まで運んでみた土曜日の午前中。予想していたよりは少なかったけれど、チケット購入の行列ができるほどの盛況ぶり。

開館6 0周年記念で日ごろとはちょっと異なるフロア構成の国立西洋美術館。体系立てて配置されると常設で見慣れた作品もいつもとちょっと違った印象に感じられておもしろかった。何点もの作品を1つの壁にごちゃっと掛けるやり方は実はけっこう好きだったりする。

モネの作品はやっぱり遠くから観るとわかる水面の感じがとてもいい感じ。って、人が邪魔しなければもっといいんだけど。ゴッホとかルノアールとかわかりやすく展示してあるなかで、私はやっぱりコローの作品が好きだった。微妙な色の使い方が私にあっているのかもしれない。

それなりの数が掛け替えられたスペースは、フィンランドの女性芸術家の作品による「モダン・ウーマン」という企画になっていた。展示内容が微妙に変わることはあっても、だいたいこの辺にはこれがあるという場所が違う用途に利用されているというのはなんか新鮮だった。19世紀後半から20世紀前半に活躍したという作家による作品は、なんか私が勝手に思っているフィンランドのイメージがそのまま反映されているような雰囲気。ヘルシンキを歩いてみたときに訪れた美術館とは少し違った印象だったけれど。写真を撮ってもよいということだったので、お気に入りをいくつか撮影させてもらった。


f:id:cassini:20190908204922j:image

f:id:cassini:20190908204918j:image

f:id:cassini:20190908204911j:image

近所のなじみのイタリアン食堂で遅めの昼食をとって、少しおしゃべりして帰宅、というなんともゆったりした休日なのだった。


f:id:cassini:20190908204744j:image

f:id:cassini:20190908204749j:image

f:id:cassini:20190908204753j:image

 

奈良大和四寺のみほとけ/東京国立博物館

藝大までくれば国博にも寄りたくなる。混雑は好きじゃないので今回は三国志を横目に見仏することにした。とはいえ、すっかり暑さにめげてしまったで駆け足になってしまった。

この企画で取り上げられている奈良大和四寺のうち、行ったことがないのは安倍文殊院の1か所で、岡寺、室生寺長谷寺には詣でた経験があったりする。ずいぶん前になるけれども、室生寺の仏像には以前おめにかかったことがある気がする。

ここのところ見仏が不足気味ではあるので、もう少し涼しくなったらどこか出かけてみてもいいかも。

それにしても暑さに弱い私だ。


f:id:cassini:20190831203858j:image

f:id:cassini:20190831203903j:image

 

円山応挙から近代京都画壇へ/東京藝術大学大学美術館

神保町まで出たのでついでに上野まで足を伸ばした。国立西洋美術館は混雑していたので、こちらも気になっていた円山応挙の作品を眺めてみることに。襖絵は畳の部屋の真ん中に座ってのんびり眺めてみたいというのは贅沢な話。立てかけた屏風を見たときに感じられる立体感はとても素敵。遠近法が取り入れられた結果、その立体感がますます強調されたということがよくわかる。

個人的には人物画よりも動物や風景を描いたもの、特に虎の姿が印象的だった。孔雀の描き方を比較してみると、応挙のすごさを少し理解できたような。飾り羽の感じがなんか違う気がする。

暑さにめげそうだったけど、それほどの混雑でもなくてそこそこのんびり。


f:id:cassini:20190831202509j:image

f:id:cassini:20190831202504j:image

 

活版東京2019

朝から出かける用事があったので、「活版東京2019」に足を伸ばした。コアなファンではないけれども、とりあえず活字が好きな私はとても楽しみにしていた。


f:id:cassini:20190831192136j:image

f:id:cassini:20190831192509j:image

f:id:cassini:20190831192417j:image

活版の特性を生かした素敵な文具やカードなどが並ぶ中、私が足をとめたのは活字そのものだったり、活字に関する書籍だったり。活字をひろって印鑑を作ってくれるところもあったけれど、私はといえば欧文書体のワンセットとか文選箱が無性にほしくなってちょっと困った。ここでしか買えません、とか言われたら入手していたかも。


f:id:cassini:20190831192623j:image

f:id:cassini:20190831192638j:image

f:id:cassini:20190831192634j:image

シンガポールやマレーシア、台湾などの印刷所の出展もあって、ビンテージの小さなテキンの印刷機でカードの印刷を体験させてもらったり。


f:id:cassini:20190831193620j:image

f:id:cassini:20190831193624j:image

あれもこれもほしくなる楽しいイベントなのだった。『活版印刷日月堂』の番外編も入手できてよかった。


f:id:cassini:20190831193111j:image

f:id:cassini:20190831193106j:image

f:id:cassini:20190831193102j:image

 

日本の素朴絵/三井記念美術館

午後友人たちと集まる用事があったので、少し早く家を出て三井記念美術館に寄り道してみた。日本橋で道を勘違いしてしまい、駆け足で回ることになったわけだけど。

「あ、これかわいい」と思わず声をあげてしまうような作品が何点もあって、思いつきで足を運んでみてよかった。個人的には、やっぱり仙厓義梵が好きだったりする。大津絵の鬼の姿もとてもいい感じだった。


f:id:cassini:20190812204704j:image

f:id:cassini:20190812204707j:image

f:id:cassini:20190812204710j:image



『三体』

話題の本を読んでみた。なるほどね。

筆者は同世代なのか。話の展開はそうなの? というところもあったけど、文化的なバックボーンが違うとこうなるんだ、というのがとても興味深かった。

知り合いの読書家たちの感想を参考にしつつも、私なりにあれこれ感じ入った本だった。続編があるようだけど、私的にはこのあとは好きに妄想したい雰囲気。と、続きが出れば読むのは間違いなさそう。

f:id:cassini:20190731205618j:image