読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『蜜蜂と遠雷』

元上司の感想を聞いて受賞前に入手していた本。とてもおもしろかった。というより、久しぶりに夢中になっていたかもしれない。

恩田陸って私と同世代だったりして、共有しているものがいくつもありそうだと思ったりする。何冊か読んでいるけれど、『夜のピクニック』を読んだときからその感覚がずっと持ち続けてきたような。

といっても、私はこんなに言葉を生み出せないし、音楽に至っては人に聞かせられるレベルでもない。うらやましい。

でもまぁ私は本を読むのも音楽を聴くのも大好きだ。まだ聴いていない曲はたくさんある。ゆっくり時間をかけてふれていけばいいかしらね。

いきいきとした表現が素敵なお話でした。

 

f:id:cassini:20170126003011j:image

テルミンとギターのデュオを聴いてきた

大泉学園のin Fでテルミンとギターのデュオを聴いてきた。私、このコンビがかなり好き。日本酒でほろ酔いになりながらご機嫌になっていた。

個人的にはトニーニョ・オルタの曲ですごく盛り上がってみたり。もっと勉強しなきゃ。やっぱり私はリズムが好きなんだな。

 

f:id:cassini:20170122230017j:image

 

アニメの街としての大泉学園は子供のころから知っているのだけど、音楽な出会いでつながることになるとはね。

『欧文活字』

欧文組版で気になっていたことがあって、参考になるかな、と入手してみた。

古い本の復刻版だったりするんだけど、なるほどねということをいくつか確認できた。この本、そもそも印刷、組版のプロ向けな解説書だったりするけれど。業界筋で有名な本だったみたい。

欧文組版のサンプルがいい感じで、どこかで自分なりにアレンジしてみたいもの。文字の密度が高くなりがちな私の仕事にはcenturyがよいというのは間違いでないようで一安心って感じ。

 

f:id:cassini:20170122181237j:image

『ドレの旧約聖書』『ドレの新約聖書』

上司の書評でとても気になったので『ドレの旧約聖書』『ドレの新約聖書』を読んでみた。何度かトライしたけどいつも挫折してしまったいたのが聖書だったりする私、今回はドレの絵の助けも借りて読破できた。概要をつかむ程度なのだろうけど、断片的だった知識を少しはつなげられたのではないかと。

西洋絵画の見方も少し変えられそうな雰囲気。よい本を紹介してもらった。

次は仏教の再認識ですかね。

 

f:id:cassini:20170122180107j:image

(金曜日に聴いた)音楽の記録

忘れないように、金曜日のコンサートの記録。

フルオーケストラもいいけど比較的気軽に室内楽を聴いてみたいものだ、というのがきっかけで読響のアンサンブルシリーズというのを何回か聴いてきた。

今回は、シルヴァン・カンブルラン指揮による小編成オーケストラ。

このシリーズで使っている大手町のホールは主要な用途が講演会なのではないだろうかという感じで音楽を聴くにはちょっと厳しい環境だったりする。以前聴いたときに演者が可哀想だなという感想をもったこともあった。

 

さて、今回の選曲は、ロッシーニウェーバー、それにモーツァルト

最初はロッシーニの歌劇の序曲。ティンパニーとシンバルの軽快なリズムがとてもいい感じ。歌劇って手元に持っていないのだけど、これは復習したいなという雰囲気。

続いてウェーバークラリネット協奏曲。なんでクラリネットなのかなと思っていたのだけど、演奏が始まってその理由がわかった気がした。前に出てくるクラリネットがきれいに聞こえてとても素敵だった。

休憩をはさんで最後は、モーツァルト交響曲40番。手元に持っているわけじゃないけれど、あーあれねなやつ。舞台の楽器の配置がちょっと変わっている気がしたのだけど、こっちも演奏が始まってその理由がわかった気がした。ヴァイオリンの響きがとにかくきれい。ホールが機能するとこうなのかとびっくりした。

コンダクターはきちんと計算していたのではないか。恐れ入りました。かっこいいです。フランス人らしい優美な演奏もとても素敵でした。なのであった。

 

f:id:cassini:20170122174608j:image

 

コンサートのあと、バーバーバーで反すうしていたら、レアもの入手の呼び出しがあり地元で焼酎を美味しくいただいた。

 

f:id:cassini:20170122174844j:image

 

西酒造にハズレなし。

Mike Moreno and Jon Cowherd

誘われて新宿Pit Innで音楽を聴いてきた。Mike Morenoのギター、Jon Cowherdのピアノのデュオ。

 

f:id:cassini:20170114005718j:image

 

洗練されていて繊細でかっこいい感じ。というのが休憩時間の感想。ニューヨークな雰囲気なのだ。

 

f:id:cassini:20170114010018j:image

 

おしゃれな雰囲気だよなという私の印象を吹き飛ばしてくれたのがセカンドセットのパフォーマンス。前半の感じに加えてパワー全開な演奏に圧倒されるやら魅了されるやら。

ライブ終了後、CDを入手してサインまでもらっちゃった。

写真を撮ってくれたのだけど、いつも不機嫌そうな私は破顔の笑顔。どこまでも音楽好きな私なのだった。

 

f:id:cassini:20170114010837j:image