『首都感染』

作家の講演を聴いてみませんかというお誘いがあり、といってもその作家さんの本を読まずに意思表示するのは失礼だと思ったので、代表作の1つを取り寄せてみた。高島哲夫さんの作品はこれまで手に取ったことがなかった。講演会でどのようなお話が聞けるのか興味深い。

f:id:cassini:20200710221205j:image